invisibility-dummy-contents


講義の受け方

大学の講義は高校の時に受けてきた授業と違った規則で行なわれていきます。ここでは、講義の規則や知っておくと良いことを説明します。ここにある規則などを参考にし、日々の講義に励んでください。

<規則>

  • 1年間が前期と後期に分けられており、基本的に1科目週1回、半期で計15回分の講義がある。
  • 科目によっては、週2回計30回分の講義がなされることもある。
  • 講義時間は1コマ90分。

<分かりやすい>

  • しっかりと板書されていて、OHPや配布資料が見やすいように配慮されている講義
  • 目的や目標、大切な部分がきちんと分かる講義
  • 教員の声がはっきりと聞こえ、また話している内容が理解できる講義
  •  (教員の教え方がうまい講義)

<知っておくと良いこと>

  • 基本的に席は自由。しかし、席が決められていることもしばしば。
  • 先生は教壇に立ち講義をするが、それぞれの先生によって個性がある。
  • スライド使って説明する先生、配布資料を配って話しだけする先生、黒板にきっちり書く先生、雑談が多くなる先生、などなど。
  • ノートは、黒板に書かれたことはもちろんだが、先生がおっしゃっていることもしっかり書く。
  • 自分なりの分かりやすいノート作成が基本となる。
  • 講義日をノートに記しておくとテスト勉強に有効。
  • 基本的に、予習をしておくと授業中の理解が深まる。